んぐまーま

んぐまーま ライフデザイン総合学科 2018年6月号 ライフデザイン総合学科 ~身近にあるちょっ…

2018年06月01日

臨床心理士
赤田 太郎

 6月に入り、気温や湿度が上がりじめじめした日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。今回は、身近で簡単なストレス解消法をお伝えしたいと思います。

ライフ6月号 川の画像

 近年ストレスマネジメントで注目されている「マインドフルネス」の一つに、五感を敏感にして自然を感じることで、 瞑想(めいそう)と同じだけのリラックス効果が得られるとされています。

 この写真は、清風学舎と北条学舎の間にある旧国道170号線に沿って流れている寝屋川の支流、権現(ごんげん)川です。

 このような川の滝の音に耳を傾けてみましょう。そして水の流れの速さや光の輝きを見つめます。一つとしておなじ流れはありません。

 いろいろな雑念が浮かんでも、意識を川の流れやせせらぎの一点に集中します。すると、頭の中がすっきりする感覚を得られるかもしれません。それがこころのリラクセーションです。


 このように、リラックスは普段気にもとめない身近な自然から得られるのです。みなさんも、こころにゆとりを持って自分の身近な自然を探してみてください。


んぐまーま 2018年6月号

んぐまーま ライフデザイン総合学科のバックナンバー (一覧ページへ

▲ ページトップへ