公的研究費関連取組

公的研究費関連取組

「公的研究費の不正使用防止等」及び「研究課題における不正行為への対応等に関する」取組

公的研究費の使用に関する行動規範

この行動規範は、科学研究費補助金の公的研究費を使用する上での本学の教職員としての行動の指針を明らかにするものである。

1. 本学の教職員は、一人ひとりが、建学の精神「報恩感謝」を尊び、教育研究に対する使命感と高い倫理観とに基づき、公的研究費の使用にあたって、法令や関係規則および学内の諸規則を遵守する。
2. 本学の教職員は、公的研究費が国民の税金を原資とするものであることを認識し、社会の信頼に応えるため、不正及び不適正な使用を行わない。
3. 本学の教職員は、公的研究費の不正及び不適切な使用を防止するために、透明かつ現実性のある管理・監査体制を整備する。
4. 本学の教職員は、細心の注意をもって、公的研究費の適正な執行管理に努める。
5. 本学の教職員は、不断に不正発生の要因除去に努め、別に定める公的研究費の使用に関する「不正防止計画」に基づき行動する。

学内の責任体制の明確化

本学では、平成19年2月15日(平成26年2月18日改正)付「研究機関における公的研究費・監査のガイドライン(実施基準)」及び平成26年8月26日付「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(文部科学省大臣決定)に基づき、本学における公的研究費の運営・管理を適正に実施するために、及び研究活動における不正行為への対応等のために、学内における責任体制を明確にし、以下のとおり取り組みます。

○最高管理責任者は学長とする。
…本学の全体を統括し、不正防止策の基本方針を策定・周知するとともにそれらを実施する必要な措置を講じる。

○統括管理責任者は副学長とする。
…最高管理責任者を補佐し、本学の不正防止対策の組織的横断的な体制を統括する責任者であり、基本方針に基づき、本学全体の具体的な対策を策定・実施し、実施状況を確認するとともに、実施状況を最高責任者に報告する。

○コンプライアンス責任者・研究倫理教育責任者は事務長とする。
…統括管理者の指示の下、本学のすべての教職員に対し、コンプライアンス教育(本学の不正対策に関する方針及びルール等)を実施し、受講後の誓約書を徴求し、受講状況管理を行う。及びすべての教員もしくは必要な学生に対して研究倫理教育を実施する。

研究費の不正行為等に関する通報(告発)窓口

公的研究費の不正な使用および公的研究費の下での研究の不法行為等に関する内外からの通報(告発)の受付窓口は下記の通りです。内部告発を行った者に対しては、不利益な取り扱いを受けることがないよう配慮し、調査の結果、不正を認定した場合は、速やかに調査結果を公表します。なお、調査の結果、悪意をもって虚偽の告発をした者には本学の定めにより懲戒処分が課せられます。

 学校法人四條畷学園 法人事務局 総務課
 〒574-0001 大阪府大東市学園町6-45
 TEL:072-876-1321(代表)
 FAX:072-876-4515
 (電話の受付時間は、平日9:00~16:30)

○不正な取引に関与した業者については、取引停止等の処分を行うものとします。

▲ ページトップへ