先輩コメント

先輩コメント

ライフデザイン総合学科 総合福祉コース
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 授業紹介
  • 在学生の声
  • 先輩の声
  • 学内イベント
保育学科 ライフデザイン総合学科 ライフデザイン総合学科「総合福祉コース」 ライフデザイン総合学科「総合福祉コース」TOPへ

四條畷学園短期大学で学んだ先輩たちの声

社会人の立場で思う、介護のこと、母校のこと。(A.I さん M.M さん:高齢者福祉施設勤務)

A.Iさん(写真)

【左】A.I さん 【右】M.M さん

I :この1年は、とにかく覚えることが多くて必死でした。

M :次から次へという感じで…。あっという間でしたね。

I :介護職を対象にした就職フェアで、この職場を選んだのですが、とても働きやすい環境だと思っています。就職活動の際は、短大の先生方が教えてくださる、リアルな情報が役立ちました。

M :実際に介護職に携わっていた先生方からの情報は、いろんな施設のことをご存じなので、すごく参考になるんです。今思うと、授業にも「現場の声」が活かされていたな、と感じています。

I :あと、四條畷は、高齢者福祉施設以外でも実習を受けられるのが魅力。他の教育機関と比べても、そこが大きな利点だと思います。

M :いろんな職種から、自分に合った仕事を選べるしね。

I :責任は重いですが、人相手の仕事って、やりがいがあります。

M :予想以上に医療系の知識も必要で、先輩に教わったり、その場の対応から学んだり…、これからも勉強!の毎日です。

ここで学んでよかった!春からは公務員です。(T.I さん:地方公務員)

在学生、T.Iさん

福祉の有資格者を対象にした市役所の求人に応募して、公務員試験を受け、合格しました。なんとなくですが、以前から公務員に興味があったので。試験勉強は独学でした。試験と実習が重なった時期は大変だったし、就職が決まるのが人より遅めになりましたが、ダメだったら介護施設への就職を改めて探すつもりだったので、焦りはありませんでした。

公務員になるなら専門学校でもよかったのでは?と思うかもしれませんが、私はこの短大に入ってよかったです。専門的な知識を、同じ目標を持った仲間と学ぶことに意義があるし、その経験が「感性豊かな介護福祉士」を育むと思うから。この進路を選んだ理由ですか?…うーん、「人が大変だと思うことを、あえてやる自分」が好きだからかな(笑)。

<取得した資格>
介護福祉士、レクリエーション・インストラクター

私を必要とする人がいる。その実感が、原動力。(M.N さん:高齢者福祉施設)

M.Nさん(写真)

現役の立場で振り返ると、四條畷の短大のよさは、様々な施設で実習を体験できること。先生方から、ご自身の経験に基づいた知識を学べること。そして、同じ介護の仕事で頑張る友だちができることだと思います。そして現場には、私を必要としてくれる人がいます。社会の高齢化が進む中、介護職には高い需要があります。つくづく介護の仕事ってしんどいけれど、そのぶん楽しくて、面白い。だからこそ、まだまだ続けたい!…、それが私の今の実感です。

<取得した資格>
介護福祉士

壁があっても諦めない。世の中を変えていきたい!(R.M さん:高齢者福祉施設)

在学生、R.Mさん

お婆ちゃん子だったせいか、ご高齢者の穏やかさや優しさが好きなんです。このコースは男子学生が少ないですが、同じ目的を持つもの同士、みんなすごく仲がいいです。実は父には介護職に就くことを、反対されているんですが…、結果を出して成功して、いつか必ず認めてもらうつもりです。

実習では、利用者の方々の優しさが印象的でした。…自分自身も考え方や話し方が、だんだん優しくなってきたなと感じます。実習より、介護に関する法律の勉強の方が、ちょっと苦手です。

もっと介護職人口が増えて、待遇もよくなって、ご高齢者にとってよりよい社会に進んでいって欲しい。介護は僕にとって、楽して癒されて、やりがいのある仕事。将来は介護関係の経営者として、世の中を変える存在になりたいです。

<取得した資格>
介護福祉士、レクリエーション・インストラクター

たとえ時間に追われても。心、言葉を大切にしたい。(H.A さん:特別養護老人ホーム)

f_senpai01

【前列右】 H.A さん

毎日、学生時代に教わったことと、現場で学んでいることをあわせて、実践、奮闘しています。学生時代は先生方の指導を厳しく感じることもありました。でも、おっしゃることに筋が通っていたんだ、と今になってわかってきましたね。就職先では短大の先輩や同期が一緒に働いているので、なにかと心強いです。

やっぱり、学生時代の実習から想像していた世界と、実際の現場とでは違いがあります。思っていた以上に忙しく、コミュニケーションやレクリエーションにあてる時間がなかなか取れなくて。だから、自分の技術をもっと向上させて、心の通った介助をしていきたいなと思っています。

私がやりがいを感じるのは、利用者の方に「ありがとう」と言ってもらえたときですね。うれしくて、それだけで「明日もまた頑張ろう!」とやる気がわいてきます!


▲ ページトップへ