実習風景

実習風景

保育学科
  • 保育学科の特色
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 実習風景
  • 先輩の声
  • 学内イベント
保育学科 ライフデザイン総合学科 ライフデザイン総合学科「総合福祉コース」 保育学科TOPへ

実習風景

保育実習 I (保育所実習)

1年生の9月に初めていく実習が、保育実習 I (保育所)です。
保育所の内容、機能等について実践現場での体験を通して理解し、また学内で学んだ教科全体の知識や技能を基礎として、それらを保育現場で総合的に実践します。
初めての保育所実習を通して、学生は保育所保育の実際にふれ、保育士の役割や仕事内容、保育所の機能への理解が深まり、より一層保育者となる自覚を深めていきます。

保育実習 I (保育所以外の児童福祉施設等)

1年生の12月(一部3月)には保育実習 I で保育所以外の児童福祉施設等に実習に行きます。 この保育所以外の児童福祉施設等における実習で、施設の果たす役割や機能を施設現場で学びます。 施設で生活する子どもや利用者とかかわることで、一人ひとりが抱える問題や課題を理解し、施設における援助や支援の実際を学生自らが体験することができます。

教育実習

2年生の9月には教育実習で幼稚園に4週間実習に行きます。
学内で学んだ理論に基づき幼稚園教育の実際を体験します。その実践的研究を通して幼児への理解を深め、教育方法を含む教育内容や幼稚園教育の実務を学ぶことで、 教育者としての基礎的資質と力量を身につけます。
この実習を終える頃には、今まで幼稚園への就職と保育所やその他の施設への就職とで迷っていた学生も、自分の進路をいずれかにはっきりと定めるようになります。

保育実習 II または III (保育所もしくは保育所以外の施設実習)

2年生の12月、最後の実習に行きます。学生は自分の希望で、保育実習Ⅱ(保育所)または保育実習 II (保育所以外の児童養護施設実習)を選択します。1年次の保育実習 I よりも質、量ともに充実した内容を求め積極的な取り組みを行います。 学生は2年間の集大成として現場の即戦力となれる知識や技術面の習得をめざします。

▲ ページトップへ