四條畷学園短期大学

MENU

大学紹介

大学紹介

News & Topics

ごあいさつ

学長 木村 友厚

学 長
木村 友厚
前 富山大学大学院
医学薬学研究部
整形外科・運動器病学教授

学校法人四條畷学園は、1926年に四條畷高等女学校として創立され、94年の年月を重ねてきました。そして、われわれの四條畷学園短期大学は、東京1964オリンピックの年に設置されて以来、常に時代のニーズに合った学科・コースを開設してきました。1972年開設の児童教育学科を原点とする「保育学科」は今年で48年目を向かえ、近畿における養成校の基幹として発展してきています。また2004年に開設された「ライフデザイン総合学科」からは、地域と時代の要請に即した人材を続々と輩出しています。
 保育学科とライフデザイン総合学科という、歴史と時代性のある四條畷学園短期大学の教育理念は、「人をつくる」です。たとえ時代が変っても、四條畷学園短期大学の大切なものは変わりません。
確固とした目標のある人はもちろん、これから将来の目標を探求しようとしている人にとっても、本学で過ごす時間は必ず実り豊かなものになります。きめ細かい指導、資格取得のための万全の支援、そして充実した学生生活の全てが、皆さんの人生の力となります。
四條畷学園短期大学から、皆さんの夢の実現へ踏み出して下さい。

"10の資格取得と「なわてジェンヌ」を育てる保育学科"

保育学科長
合田 誠

保育学科は、1972(昭和47)年に「児童教育学科」が設置されて以来、今年で40有余年を数える、「歴史と伝統」のある学科です。
本学科は、「幼稚園教諭」及び「保育士」養成に携わる養成校であることは言うまでもありませんが、保育・教育に関連する資格を「10」設けています。子どもに関わる資格の取得を提供にすることにより、より高い水準の「保育者養成」 を可能にしています。
さらに、専門的知識・技術をもった保育者養成にとどまらず、「なわてジェンヌ」を合い言葉に、「感謝・挨拶・言葉遣い」の3つを使いこなせる学生を養成するために教職員一同、全力投球で取り組んでいます。

"ライフデザイン総合学科でなりたい自分になる!"

副学長
ライフデザイン総合学科長

工藤 真由美

ライフデザイン総合学科では、現代社会を生きるための教養や基本的な知識・スキルが身についた人材、専門性の高い資格取得を目指し、将来のライフデザイン(人生設計)ができる人材、礼儀・礼節を重んじることのできる人間性豊かでコミュニケーション力のある人材を育成します。そのために、多種多様な科目を開講し、その中から自由に選択したり、多くの資格取得にチャレンジしたりできるようにしています。
私たちは皆さんがそれぞれの個性を生かして、学んだ知識やスキルを実践の場で活用し、社会に貢献できるように全力で支援します。

大学紹介