本学の特色

本学の特色

tokusyoku01

ごあいさつ

gakucyou
学 長
学長
学校法人昭和大学医学部整形外科 客員教授
独立行政法人国立病院機構大阪医療センター 名誉院長
元大阪大学医学部整形外科 臨床教授

 今年度、学校法人四條畷学園は創立90周年を迎えました。また、1964年に開設された四條畷学園短期大学においては、これまでにその時代時代の要請に即した学科・コースを開設し、また変貌させてきたと言えます。
 一昨年、保育学科は創立40周年を迎え、近畿における養成校の要のひとつとして健闘しております。ライフデザイン総合学科も地域の要請に即した人材を送り出しています。
 本学は、建学の精神「報恩感謝」のもと、「人をつくる」を教育理念とし、知識の習得とともに実行能力の大切さを価値あるものと考え、礼儀・礼節を重んじ、品性人格が備わった人材の育成を使命としています。

 本学へ入学して2年間、自分自身に目標を与え、コミュニケーション能力を持ち、課題解決能力を備え、社会生活で大切な基本的能力、自立能力を身に付けて下さい。
 日々努力を惜しまず、自己実現を目指して頑張って下さい。
 四季折々の変化に敏感になる感受性を育み、環境への配慮や美しいものへの探求心を持つなど、有意義で充実した学園生活を過ごして下さい。

人間性豊かな保育者を育てるために ~めざせ!なわてジェンヌ~

保育学科長
合田 誠

保育学科は、1972(昭和47)年に「児童教育学科」を設置以来、今年で40有余年を数える、「歴史と伝統」のある学科です。その長年の歴史を踏まえ現在保育現場においては、園長先生、主任というポジションで活躍されている諸先輩が多数おられます。

保育学科は、「幼稚園教諭」及び「保育士」養成に携わる学科であることは言うまでもありませんが、保育者として必要とされる専門的知識・技術だけではなく、2007(平成19)年度からは、「なわてジェンヌ」を合い言葉に、「人間性豊かな、美しい保育者」養成をめざす「ステージアップセミナー」の取り組みをはじめ、「教養、保育技術、マナー」の3本柱をベースに学びの場を提供しています。

資格取得だけにとどまらず、人間性豊かで美しさを兼ね備えた保育者を育てます。


ライフデザイン総合学科でみつけるあなたの未来!

ライフデザイン総合学科長
工藤 真由美

ライフデザイン総合学科では、現代社会を生きるための基本的な知識・スキルが身についた人材、専門性の高い資格取得をめざす人材、そして思いやりの心をもった協調性とコミュニケーション能力の高い人材を育成します。そのために、みなさんの自己発見と人生設計ができるように多種多様な教科目を開講しています。

従来からの基礎教育フィールド・専門教育フィールドに加えて、4年前からキャリア教育フィールドを新設しました。生涯にわたってみなさんのキャリアをデザインしていけるように、また自らの能力開発の方向性を見いだせるように、そして学んだ知識・スキルを実践実務の場で活用できるように内容の充実を図ってきました。

私たちは、みなさんがそれぞれの個性を生かして社会の進歩に貢献できるように全力で支援します。


資格取得を通して、思いやりの心を育む。

総合福祉コース長
吉井 珠代

総合福祉コースは介護福祉士の資格を取得し、ますます広がる高齢社会における介護のスペシャリストとして活躍できる人材を育成します。介護福祉士は、現在およびこれからの社会で一番求められている人材として、大変重要な役割を担っています。

介護や福祉の仕事においては「人と人とのつながりやふれあい」がとても大切です。本コースでは、学内での教養科目や高度な専門知識・技術の学びと、学外実習を通して視野を広げ、今後社会に出たときに必要となるコミュニケーション力を養うことができます。

そして2年後には、専門知識と幅広い教養を兼ね備えた、思いやりや優しさを行動に表すことのできる人間性豊かな人材に成長してほしいと願っています。

▲ ページトップへ