学科の教育目標等

学科の教育目標等

教育目標

1.今日の幼児教育、保育が直面する多くの課題や現代社会の様々なニーズに対応できる
  専門的知識と技能を習得し、それらを実践する力を持った質の高い保育者を養成する。

2.子どもの情操教育に力を発揮することができる技能と感性を備えた保育者を養成する。

3.礼儀、礼節を重んじ、社会人としての深い教養を身につけた人間性豊かな保育者を養成する。

アドミッションポリシー

本学科の教育目標を目指す教育を行うため、次のような人を求めています。

1.将来、幼稚園教諭や保育者になりたいという目的と意思が明確で、その実現に向け努力を惜しまない人。

2.幼児教育や保育の現場で必要な専門的知識や技能の習得とその実践に意欲的に取り組む人。

3.将来を担う子どもの教育や保育に携わるにふさわしい礼儀、礼節を重んじ、品性の向上を目指す人。

カリキュラムポリシー

・社会人として幅広い視野と保育に関する基本的な知識・技能を獲得するために、基礎科目を設置する。

・保育者としての実践力を獲得するため、保育の専門的な方法論と知識を体系的に学ぶ
 教科科目および教職科目を設置する。

・子どもの情操教育に関する技能と感性を身につけるため、
 音楽・造形・身体表現の学習および研究を実践的に積み上げ、統合していく参加型の授業を実施する。

・身につけた専門的知識・技能を活用し、自ら保育の課題を見出し解決していく能力や姿勢を育てるため、
 卒業ゼミを特別研究科目として学科必修とする。

・現代社会の様々なニーズに対応するため、保育の近接領域に関する資格取得を支援する科目を設置する。

教育研究上の目的

1.保育や幼児教育、福祉に関する知識を理解している

2.保育における的確な実践力、判断力、コミュニケーション力を身につけている

3.子どもの表現、遊びに関する技能や表現を身につけ、援助の方法を習得している

4.社会状況に関心を持ち、それに応じた保育の向上に努めようとしている

5.保育の実践者としての自覚を持ち、人間的成長や向上に努めている

6.保育の近接領域を学び、保育周辺の資格を取得する

保育学科のページヘ

ライフデザイン総合学科

教育目標

1.現代社会を生きるための基本的な知識・スキルが身についた人材を育成する。

2.専門性の高い資格取得を目指し、将来の人生設計(ライフデザイン)ができる人材を育成する。

3.思いやりの心をもった協調性とコミュニケーション能力の高い人材を育成する。

アドミッションポリシー

本学科の教育目標を目指す教育を行うため、次のような人を求めています。

1.この学科において、常に探究心を持って勉学に取り組む人。

2.自らの夢を持ち、その夢を実現するために精一杯努力する人。

3.協調性があり、誰とでもコミュニケーションが取れ、集団の中で自己の向上を目指す人。

カリキュラムポリシー

・次の3つのフィールドを設置する。基本的な知識・スキルを身につけることを目的とした基礎教育フィールド、
 現代社会を生きるための就業力を身につけることを目的としたキャリア教育フィールド、
 個々人に適したライフデザインを探求することを目的とした専門教育フィールド。

・基礎教育フィールドでは、学科の学生全員が共通して獲得すべき基本的な知識・スキルを学習するため、
 言語やマナー、人文教育、くらしと健康に関わる科目を設置する。

・キャリア教育フィールドでは、問題解決能力の向上を目指し、あわせて協働の力を高める科目を設置する。
 情報を収集し、分析し、人々と協力しながら、能動的に問題解決する力を身につけるため、
 グループ学習や討論を中心としたアクティブラーニングを行う。

・専門教育フィールドでは、幅広く専門的知識を学べるエリアを設置する。
 それぞれのエリアでは専門的知識を深めるのみにとどまらず、資格取得を奨励し、
 各種検定資格合格のための支援科目を設置する。

・全てのフィールドを通じて、社会の変化に対応した学習内容を提供することで、生涯を通じた向上心と、
 自分をとりまく現代社会への探究心を涵養する。獲得した知識・スキルをもとに、
 卒業後も人との関わりの中で新たなライフデザインを描き続ける能力を育成する。

教育研究上の目的

1.幅広い人間性と教養を身につけている

2.将来の人生設計(ライフデザイン)ができる

3.仕事に関するイメージを描き、自分に適した仕事を見つける

4.それぞれのエリアの基礎的知識やスキルを身につけている

5.それぞれのエリアの専門性を深めている

ライフデザイン総合学科のページへ

ライフデザイン総合学科「総合福祉コース」

教育目標

1.専門職として必要な職業倫理を身につけるとともに、礼儀礼節を重んじることができる
   人間性豊かな社会人を育成する。

2.専門職として必要な知識と技術を習得し自己の教養を高め、それらを実践する技能をもった
  介護福祉士を養成する。

3.広く地域に貢献する意義と役割を自覚できるとともに、人々の生き方を尊重し、
  積極的に生活を支える福祉職を養成する。

4.誠実信頼を尊び、他者理解の感性を備え、何事にも自主性と自律性を発揮できる社会人を養成する。

アドミッションポリシー

本学科の教育目標を目指す教育を行うため、次のような人を求めています。

1.将来、介護福祉士の仕事に就きたいという目的と意思が明確な人。

2.本学で学びたいという意思が明確で、向上心があり、意欲的に学業に取り組むことが出来る人。

3.人の生活、活動に関心が高く、協調性があり、一人ひとりを尊重することが出来る人。

カリキュラムポリシー

・建学の精神である「報恩感謝」に基づき、いのちの尊さや人々に生き方や意義を尊重できるよう
 「いのち」や「くらし」を中心とした一般教育科目を設置する。

・社会人としての教養や信頼関係の確立に必要な知識を身につけるため、
「日本語表現法」「社会のあり方とマナー」等を卒業必修科目とする。

・介護福祉士として、生活支援に必要な保健・医療・福祉などの専門科目を設置する。

・福祉職として必要な実践力や応用力を習得するために、演習・実習などを積極的に取りいれた
 授業を実施する。

教育研究上の目的

1.社会人として幅広い教養や豊かな人間性を身につけている

2.介護福祉士に必要な保健・医療・福祉に関する知識を身につけている

3.介護で必要な技術・支援方法を身につけている

4.介護場面における的確な判断力や応用力を身につけている

5.介護に必要な豊かなコミュニケーション力を身につけている

6.高い倫理観と継続的に学び続ける意欲を持っている

ライフデザイン総合学科「総合福祉コース」のページへ

▲ ページトップへ