学修評価とGPA

学修評価とGPA

本学の学修評価とGPA制度について

(1)GPA導入の主旨

本学は学生の主体的な学修を推進するためにGPA制度を導入する。

学生が、将来を見据えた学修計画を立て、それに基づいて授業に積極的に参加し、学力の向上に努めることを期待する。

授業中のみならず、授業前・授業後にも十分に学修や研究に臨めるよう無理のない適切な履修計画を立て、確かな知識、技能、学力を身につけるよう努めることを期待する。

(2)GPAとは

  • ・GPAとはGradePointAverage(グレード・ポイント・アベレージ)の略で、履修したGPA対象科目の成績を平均値化したものである。このGPAは学修の量ではなく質を評価する成績評価の国際標準である。
  • ・5段階評価で成績をつける科目で、卒業所要単位に算入されるものはGPA対象科目となる。
  • ・他大学から編入学または転入学した際の既修得単位認定科目はGPA対象科目とはならない。
  • ・転学科以前に修得した科目であっても、転学科後に卒業所要単位に算入される科目はGPA対象科目となる。
  • ・成績評価(秀、優、良、可、不合格)を成績値(グレード・ポイント、以下GPと略す)に換算してGPA(成績平均値)を算出することで、対外的にも通用する成績評価となる。
  • ・学生指導の際、教員はGPAを参考にすることがある。

学期GPAと累積GPA

  • ・GPAは学期ごとの学期GPAと、入学後に履修した全てのGPA対象科目の累積GPAが算出される。
  • ・学期GPAによって各学期で履修したGPA対象科目における到達度を理解できる。また、累積GPAと学期GPAを比較検討することによって、学業成績を総合的に判断できる。
  • ・GPAは成績通知書に記載される。
  • ・学期GPAと累積GPAはUNIPAの成績照会で確認することができる。

GPAの算定基準

  • ・表で示したように、各GPA対象科目の得点を5段階(4,3,2,1,0)のGPに換算する。受験不可あるいは受験しなかったGPA対象科目のGPは0となる。
  • ・再履修して合格となった場合でも過去の不合格履歴が累積GPAの算出対象となる。
  • ・追試験・再試験を受験したGPA対象科目は、その評価をGPに換算する。

評 点 評 価 グレードポイント(GP) 合 否
100-90点 4 合 格
89-80点 3
79-70点 2
69-60点 1
59-0点 不可 0 不合格
失格 失格 0

(5)GPAの算出式

  • ・各GPA対象科目の成績評価(得点)をGPに換算し、これに科目の単位数を掛けた数の総和を、当該学期で履修登録したGPA対象科目の単位数の総和で割ったものがGPAである。
  • ・GPAは履修登録した全てのGPA対象科目が対象となるので、不可や失格が多い場合はGPAが低くなる。そのため履修辞退する場合は、所定の期日までに忘れずに手続きを行うこと。
  • ・GPAの計算方法は以下のとおりである。
  (GPA対象科目のGP×単位数)の総和
GPA=―――――――――――――――――――――
   GPA対象科目の単位数の総和
具体例
各成績の単位数 計算式 ポイント
秀の成績の単位数の合計 4ポイント
×12単位
48
優の成績の単位数の合計 3ポイント
×18単位
54
良の成績の単位数の合計 2ポイント
×8単位
16
可の成績の単位数の合計 1ポイント
×6単位
6
不可の成績の単位数の合計 0ポイント
×2単位
0
失格の成績の単位数の合計 0ポイント
×2単位
0
GPA対象科目の単位数の総和 48単位 計 124
ポイント
GPA =124 ÷ 48 =2.58 ≒2.6(四捨五入する)
全GPA対象科目が秀であればGPAは4となり(最高得点)、
全GPA対象科目が良であればGPAは2となる。

(6)本学GPA制度の要点

  • ・不合格となったGPA対象科目のGPは0とし、GPA算出の対象となる。
  • ・再履修をして合格となった場合でも、過去の不合格履歴が累積GPAに反映される。
  • ・GPAの値は、小数点第1位まで(小数点以下第2位は四捨五入)算出する。
  • ・本学では、学期GPAと入学時からの累積GPAを算出する。
  • ・GPAは成績通知書に記載される。

「学修成果評価表」について

学修成果評価表

本学は、GPA制度の導入と、ディプロマポリシーや学科の教育目標に基づいて新たに設定した「各学科の教育目標に基づき学生が各教科で達成すべき目標(教育研究上の目的)」(以後「教育研究上の目的」と表記)の明文化を行っている。

GPAは学生の学修成果を測る指標として、各学期に習得した卒業にかかわる教科の学修成果、到達度を客観的・相対的に見ることができる。

また、「教育研究上の目的」は、本学のディプロマポリシーを達成するために、各学科の教育目標に基づいて作成したもので、各授業科目に配当することにより、学生は授業を通して目的達成を目指すことができる。

以上2点を踏まえ、「教育研究上の目的」に対する学生の到達度を評価する資料として「学修成果評価表」を作成する。

これは、学生の学修成果について「教育研究上の目的」の観点から照射し、「目的」別に質的・量的な数値化により可視化したものである。学生に「教育研究上の目的」別の学修状況を認識させることを通して、「教育研究上の目的」到達に向けた意識の向上を図り、各学科の教育目標、ひいては本学のディプロマポリシーの真の達成を促すことを目的とする。

学修成果評価表の要項

1.「教育研究上の目的」達成の指標として、各学科が掲げる「教育研究上の目的」(①~⑥または①~⑤)に属する科目群ごとに、各授業科目の評点を単位数により加重平均して得られた点数(以後「目的別評点平均」と記す)を算出する。

2.「学修成果評価表」には目的別評定平均のほか、そのレーダーチャート、その算出表、目的別履修単位数、およびその棒グラフを掲載し、学生が「教育研究上の目的」別到達度を一見して理解できるようにし、以後の意欲的学修に資するものとする。

3.1年前期の成績確定後から2年後期の成績確定まで4回作成する。1年後期以後はこれまでの学期に履修したすべての科目を累積して算出する。

4.この「学修成果評価表」は従来の成績表とともに学生の履修指導の資料として活用する。

5.各授業科目のシラバスにも「教育研究上の目的」を付記し、学生や教科担当者が常に授業を通して「教育研究上の目的」を意識するようにする。

▲ ページトップへ